タイのお菓子 カノムトゥアクワン(緑豆の餡の菓子)

カノムトゥアクワンタイのお菓子

カノムトゥアクワン (ขนมถั่วกวน) と言うタイのお菓子を紹介します。カノム (ขนม) とは「お菓子」、トゥア (ถั่ว) とは「豆」、クワン (กวน) とは、お菓子系に使う場合には「」の意味。カノムトゥアクワンとは、緑豆から作った餡をいろいろな形にした餡菓子です。タイでは、お菓子に使う豆は皮を剥いた緑豆 (トゥアキアオ:ถั่วเขียว) が多いですね。緑豆は皮付きのままですと緑色ですが、皮を剥くと綺麗な黄色(金色)になるのです。金色の豆ですので、タイ語でトゥアトーン (ถั่วทอง) とも呼ばれます。日本で黄色い和菓子はサツマイモや栗を材料としていますが、タイの黄色いお菓子は皮を剥いた緑豆が材料なのです。この皮を剥いた緑豆はスーパーマーケットなどで簡単に買うことができますよ。

皮を剥いた緑豆/金の豆(トゥアトーン:ถั่วทอง)
皮を剥いた緑豆/金の豆(トゥアトーン:ถั่วทอง)

緑豆の餡をタイ語でトゥアクワン (ถั่วกวน) と言います。蒸した皮無し緑豆をすり潰してココナッツミルクと砂糖を合わせ、かき混ぜながら煮詰めて作ります。現代では、すり潰す工程はミキサーを使うのが一般的ですよね。ほどよい硬さにまで煮詰めたら大きなバットに入れて形を整え、小さく切り分けパック詰め。なお、型抜きしたり、日本の練り切りのようにしてシャレた形のカノムトゥアクワンもあります。見た目が日本の芋ようかんのようなものもあります。

カノムトゥアクワンは、作り手の好みやコンセプトにより、その仕上がりには相当な違いがありそうです。日本でもいろいろな餡菓子があるように ...
以下の写真のカノムトゥアクワンは、近所にある比較的新しいタイ菓子屋で見つけたので買ってみたのですが、厚みもなく中に小さく切ったココナッツの果肉が入っていました。食感のアクセントになるのでしょうね。このカノムトゥアクワンは、色から見ても「ココナッツミルクがたくさん使われたいるな〜」と感じました。その通りにココナッツミルクの風味が結構強いタイプ。

ココナッツミルクがたくさん使われているカノムトゥアクワン
ココナッツミルクがたくさん使われているカノムトゥアクワン

以下の写真のカノムトゥアクワンは、最近見つけたタイ菓子屋のカノムトゥアクワン。ココナッツミルクの風味が薄くトゥアクワンの風味が全面にでている非常に美味しいカノムトゥアクワン。厚みもあり食べごたえがあるタイプ。餡の中に非常に小さく切ったココナッツの果肉が少量入っているのですが、気にならないレベル。

タイ菓子屋のカノムトゥアクワン(下)
タイ菓子屋のカノムトゥアクワン(下)
厚みもあり美味しいカノムトゥアクワン
厚みもあり美味しいカノムトゥアクワン

以下の写真は型抜きしたカノムトゥアクワンです。しっとり感が無く、クッキーのように手で持って食べれる硬さです。使用したココナッツミルクも少ないので黄色味が強いのかな? パッケージから想像して日持ちするように作っているタイプ。

型抜きしたカノムトゥアクワン
型抜きしたカノムトゥアクワン
型抜きしたカノムトゥアクワンのパッケージ
型抜きしたカノムトゥアクワンのパッケージ

カノムトゥアクワンは、ココナッツミルクの脂肪分や水分、砂糖の含有量で餡の硬さや色も食感も更に日持ち期間も違うものになるのだろうと推測できます。
以下の写真は、街中のお菓子屋台のカノムトゥアクワンの様子。カノムトゥアクワンとカノムプアッククワンの詰め合わせ。

お菓子屋台のカノムトゥアクワンの様子
お菓子屋台のカノムトゥアクワンの様子

ところで、緑豆の代わりに、タロイモを使えばタロイモの餡 (プアッククワン:เผือกกวน) になるので、カノムプアッククワン (ขนมเผือกกวน)、紫芋を使えば紫芋の餡 (マンムアンクワン:มันม่วงกวน) になるのでカノムマンムアンクワン (ขนมมันม่วงกวน) になります。

タロイモの餡のプアッククワンは、ねっとりとした粘り気が強い餡。プアッククワンも美味しいですよ。あんパンに良く使われています。

プアッククワン
プアッククワン
タイ菓子屋のプアッククワン(下)
タイ菓子屋のプアッククワン(下)

なお、カノムトゥアクワンを使った可愛らしいお菓子にルークチュップがあります。

こぼれ話
以前に良く通っていたタイ菓子屋。年配のタイ人が店先に居て、古くから営業しているのだろうと思われる店構えのタイ菓子屋。例の流行病の影響からだろうか?その病のピーク時を境に店の様子が変わってしまいました。今はほどんど休業状態。かつてのその店のカノムトゥアクワンは、かなりの厚みがあり、日本の芋ようかんに近い見た目でしっとり感があり、甘みも食感も芋ようかんのような非常に美味しいカノムトゥアクワンだったことを記憶しています。日本で言う和菓子屋にあたる店で、いろいろなタイ菓子が買える店でした。日本の和菓子屋に赤飯があるように、その店にはカオニャオマムアンのカオニャオがあり、作りたてが買えた店でもありました。あらら、日本の和菓子屋と同じなんだ〜と感じたものでした。
また、日本の芋ようかんのような美味しいカノムトゥアクワンに会えることを希望しています。浅草舟和の芋ようかん、、、懐かしいわあ〜

興味のある方、以下もお読みください。

コメント