タイのお菓子 ルークチュップ(可愛らしいあんこ玉)

ルークチュップタイのお菓子

ルークチュップ (ลูกชุบ) は、彩り鮮やかな野菜や果物の形をした可愛らしいお菓子です。ルーク (ลูก) とは「子供/小さくて丸いも物」、チュップ (ชุบ) とは「浸す/コーティング」の意味です。ルークチュップは、トゥアクワン (ถั่วกวน) と呼ばれる「緑豆から作った餡」をいろいろな形に整え、竹串などにさして着色、その後に寒天/アガーでコーティングして作ります。寒天で包んだあんこ玉のようなイメージでしょうか? 小さな餡玉を寒天でコーティングする作業工程から「ルークチュップ」と命名されたのでしょう。私の好きなタイ菓子の一つ、甘さ控えめで寒天の食感とのハーモニーがとても面白いのです。

ルークチュップ
可愛らしいお菓子 ルークチュップ

以前はルークチュップ専門の屋台もたくさんあったと思いますが、最近はあまり見かけなくなりました。いろんなお菓子を扱っているお店やお菓子屋台の1アイテムとして見かけることが多いですね。ニンジン、カボチャ、ナス、トマト、リンゴ、ションプーなど ... いろいろなルークチュップがありますが、1個づづ入れた詰め合わせになっている場合もあります。

お菓子屋台のルークチュップ
お菓子屋台のルークチュップ
ルークチュップ
1個づづ入れた詰め合わせのルークチュップ

以下の写真のように、ルークチュップ専門店やフードフェスなどでは、自分の好きな野菜や果物を選べるお店もありますよ。例えば5個 〜 10個でいくらのようなシステムです。なお、ルークチュップの味は同じですよ。55555 ...

ルークチュップ
自分の好きなルークチュップを選べるお店

以下の写真もルークチュップ屋台の様子。パック詰め(大)、パック詰め(小)も用意してありますね。

ルークチュップ屋台
ルークチュップ屋台の様子

ところで、以前と比べて最近のルークチュップは手が込んでいて、見た目も良く飾り付けもオシャレになったルークチュップが増えたと思います。作り手もいろいろと頑張っているのですね。

ルークチュップ
以前より見た目も良くなっているルークチュップ

日本の餡はあずきの餡が多いですが、タイの餡は緑豆の餡が多いのです。皮を剥いた緑豆 (トゥアキアオ:ถั่วเขียว) を蒸し、すり潰してココナッツミルクと砂糖を合わせ、かき混ぜながら煮詰めて作ります。緑豆の餡だけで作ったお菓子をカノムトゥアクワン (ขนมถั่วกวน) と言います。興味のある方は以下の投稿も参照願います。

コメント