タイ料理 ヤムコームーヤーン(焼いた豚肉と香味野菜のサラダ)

ヤムコームーヤーン タイ料理

人気のヤム系料理にヤムムーヤーン (ยำหมูย่าง) があります。ヤム (ยำ) は「和える/サラダ」、ムーヤーン (หมูย่าง) とは「下味を付けてから炭火で焼いた豚肉」のこと。ムー (หมู) は「豚肉」、ヤーン (ย่าง) は「焼く/炙る」の意味。ヤムムーヤーンとは「焼いた豚肉と野菜を和えたサラダ」のこと。そして、使う豚肉の部位をコームー (คอหมู) に変えるとヤムコームーヤーン (ยำคอหมูย่าง) になります。コー (คอ) とは「喉/首」のこと。コームーとは「豚トロに相当する部位」のことなのです。

ヤムコームーヤーンとカノムジーン
ヤムコームーヤーンとカノムジーン

作り手のレシピで違いがあると思いますが、ざっくりと作り方の流れは ...
豚肉は、パクチーの根、ニンニク、コショウをクロック(調理器具の石臼)で潰し、パームシュガーとシーズニングソースやオイスターソースなどを使ったほんのり甘めの漬けダレで下味を付けることが多いようです。寝かせてから下味が付いた豚肉を炭火で焼き、食べやすいサイズにスライスしたら豚肉の準備完了。和えドレッシングは、生唐辛子や乾燥唐辛子とニンニクをクロックで潰し、ナンプラーとマナーオの絞り汁で溶いて好みの量の砂糖を加えて準備完了。酸味、塩味、甘味のあるドレッシングです。
タイバジル、タイミント、その他の香味野菜などとスライスした豚肉をドレッシングと和えれば完成です。カオクア (ข้าวคั่ว) なるハーブと一緒に炒ったもち米または白米をすり潰して粉状にしたものが入るとイサーンスタイルだろうか?
以下の写真は、カオクアが入っているイサーンスタイルのヤムコームーヤーン。

イサーンスタイルのヤムコームーヤーン
イサーンスタイルのヤムコームーヤーンの様子

カオニャオと食べるのが一般的ですが、カノムジーンも面白いですよ。

カノムジーンとコームーヤーン
カノムジーンとコームーヤーン

一般的には相当辛い料理ですが、機会があったら挑戦してみてください。

ところで ...
コームーヤーンだけでも立派な料理です。イサーン料理系のレストランでは定番の料理の一つ。なお、豚肉の炭火焼き系の屋台やちょっとしたタイ料理のレストランにもありますよ。値段の高いレストランが美味しいとは限らないのがコームーヤーンです。イサーンスタイルのナムチムジェオ (น้ําจิ้มแจ่ว) と呼ばれる辛いつけダレで食べるのが一般的でしょう。

コームーヤーン
イサーン料理のレストランのコームーヤーン

以下の写真はイサーン料理もある屋台のコームーヤーン。脂が乗って、非常に柔らかいコムヤーンでしたよ。

コームーヤーン
屋台のコームーヤーン