タイ料理 パットカネーンムーグロープ(カリカリ豚肉とキャベツの肉野菜炒め)

パットカネーンムーグロープ タイ料理

タイ飯屋の定番の野菜炒めと言えば、カイラン菜とカリカリに揚げた豚の三枚肉を使ったカナームーグロープ (คะน้าหมูกรอบ) があります。カナー (คะน้า) とは「カイラン菜=芥藍菜」、ムーグロープ (หมูกรอบ) とは「カリカリに揚げた豚の三枚肉」のこと。
今回は、もっと美味しいと思う野菜炒めを紹介しましょう。

その野菜炒めの名前は、カネーンムーグロープ (แขนงหมูกรอบ) です。なお「炒める」の意味のパット (ผัด) を付けてパットカネーンムーグロープ (ผัดแขนงหมูกรอบ) とも言います。そしてカネーン (แขนง) とは、見た目とコリコリとした食感がカナーと似ているのでカナーの若芽と勘違いしているタイ人も多いようですが、日本語で表現すると「キャベツの脇芽」のこと。カナーの葉の部分には、ほんのりと苦味がありますが、カネーンには苦味が全くありません。だってキャベツですから ...
以下の写真がカネーンの様子。これがキャベツなの?? 文末参照のこと ...

パットカネーンムーグロープのカネーンの様子
パットカネーンムーグロープのカネーンの様子

ニンニク、唐辛子、ナンプラー、オイスターソース、砂糖などで味付けします。カナームーグロープや空芯菜炒めのパットパックブンムーサップと同じような味付けの中華風野菜炒めです。
以下の写真は、とあるフードコートのパットカネーンムーグロープです。トッピングに目玉焼きを付けています。

パットカネーンムーグロープ
パットカネーンムーグロープ 目玉焼き付き

タイ飯レストランや大衆食堂、フードコートなどにあるメニューです。カナームーグロープも良いですが、一度、カネーンムーグロープに挑戦してみてください。癖がなくて非常に美味しいと思います。

こぼれ話
「キャベツの脇芽」とは、キャベツを収穫した後に茎の横から出てくる新しい芽のこと。この新芽をある程度の大きさまで育てた後に収穫したものがカネーンなのです。カネーンが育つ様子の動画を見つけました。興味のある方は ...
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=x28CYqGkNWM

カナームーグロープは、以下を参照願います。