タイのもちトウモロコシ(カオポーカオニャオ)

もちトウモロコシタイの食材

日本では見ることが減ったと思いますが、タイでは、もちもちとした食感のあるもちトウモロコシは健在ですよ。タイ語で、カオポーカオニャオ (ข้าวโพดข้าวเหนียว:Waxy Corn) と言います。カオポー (ข้าวโพด) とは「トウモロコシ」、カオニャオ (ข้าวเหนียว) とは「もち米」の意味。もち米のようなトウモロコシからのネーミングでしょう。ちなみにスートコーンは、カオポーワーン (ข้าวโพดหวาน:Sweet Corn) と言います。ワーン (หวาน) とは「甘い」の意味。

タイでは、幾つかの品種のもちトウモロコシが栽培されているようです。小ぶりで黄色い色のもちトウモロコシの品種は、カオポーティアン (ข้าวโพดเทียน) と呼ばれています。ティアン (เทียน) とは「キャンドル」の意味。もちトウモロコシは、スイートコーンより甘くはありませんが、粒の皮が柔らかく、ねっとりとした食感があります。品種によっては、黄色、白、紫などの色があり、さらに、一つの実の中に複数の色の粒が混在しているのです。

もちトウモロコシ
黄色い色のカオポーティアンとカオポーカオニャオ

バンコクのローカルマーケットや街中の屋台では、茹でたトウモロコシをよく見かけます。なお、茹でたトウモロコシは、スートコーンの品種よりもちトウモロコシの品種の方が多いように感じます。もちトウモロコシのファンがタイには、たくさんいるのですよ。

もちトウモロコシ
路上のカオポー屋台の様子

そして、もちトウモロコシは、皮付きのままの茹でた状態で売っている屋台もあります。そうそう、引き売りの屋台もありますね。皮付きのままで茹でた方が、美味しいからです。さらに言えば、大量にさばく場合、売り手側も多少なら雑に扱ってもマイペンライでしょう 55555 ...

もちトウモロコシ
皮付きのまま茹でたもちトウモロコシの屋台

大きさにもよりますが、2〜3個を輪ゴムで纏めてあることが多いようです。一纏めで 20バーツから 25バーツ程でしょう。皮付きのままだと安いですよ。

もちトウモロコシ
皮付きのまま茹でたもちトウモロコシの引き売り屋台

我が家の嫁もカオポーカオニャオのファンの一人。時々、皮付きのままのカオポーカオニャオを買って帰ってきます。皮付きのままのカオポーカオニャオは、皮を剥かずにそのままの状態で、ラップ無しでレンジでチン。塩茹でなので、軽い塩味も感じるはずです。

もちトウモロコシ
レンジでチンしたカオポーカオニャオ(白色系)

生のトウモロコシを置いてある八百屋もありますが、それほど多くはありません。茹でた状態のトウモロコシが手軽に買えるのに、わざわざ生を買って自宅で茹でるような面倒なことをしないのがタイスタイル。55555 ... なお、茹でたトウモロコシは、タイ語でカオポートム (ข้าวโพดต้ม) と言います。トム (ต้ม) は「茹でる/煮る」の意味。

タイのカオポーカオニャオですが、食べ付けるとスイートコーンより美味しく感じるようになるかも? 茹でたカオポーカオニャオを見つけたらた、是非、挑戦してみてください。なお、傷みが早いので注意が必要です。

ところで、焼きトウモロコシの屋台もあります。焼いたトウモロコシは、カオポーヤーン(ข้าวโพดย่าง) と言います。スイートコーンの方が多いかもしれませんね。焼けたトウモロコシは、皮を剥いて袋に入れてもらえます。基本的に茹でトウモロコシより値段は高いですよ。手間も炭代もかかりますので ...

焼きトウモロコシ
焼きトウモロコシの屋台

ちなみに、茹でトウモロコシは、大釜を使って一度に大量の皮付きのままのトウモロコシを茹でるのですよ。皮付きのままで大量に売る屋台は基本的にこの方法です。もちろん、卸売をやっている生産者や専門業者もありますよ。

こぼれ話(スイートコーン)
スイートコーンの品種は、もちトウモロコシと比べると粒の皮が硬くてサクサクとした食感があります。サイズも一回り程大きいですね。私がタイに住み始めた十数年前と比べると、甘味も強くなり美味しくなったと感じます。当時に食べたスイートコーンには甘味がないので驚いた記憶があります。
さて、スイートコーンは、とうもろこしのソムタム (ソムタムカオポー:ส้มตำข้าวโพด) やカノムタゴーカノムクロックなど、料理やお菓子の材料もよく使われます。

とうもろこしのソムタム
ソムタムカオポー(とうもろこしのソムタム)

以下の写真のように真空パックのスイートコーンは、スーパーマーケットで見かけることもあります。常温で長期保存が可能上、そのまま食べれるので何かと便利ですよ。

茹でたスイートコーン
真空パックの茹でスイートコーン
焼いたスイートコーン
真空パックの焼きスイートコーン

以下の写真は、スイートコーンを使ったバターコーンの屋台。カオポー・クルック・ヌーイ (ข้าวโพดคลุกเนย) と言います。クルック (คลุก) は「混ぜる」、ヌーイ (เนย) は「バター」の意味。コンデンスミルクやエバミルクが入っている場合も多いです。基本的に甘いデザートです。

バターコーン
バターコーンの屋台

以下の写真は、路上の野菜屋台の茹でたスイートコーンの様子。パンダンの葉 (バイトゥーイ:ใบเตย) を入れて茹でていることが確認できますね。タイ人は、パンダンの葉の香りが大好きなのです。

茹でたスイートコーン
パンダンの葉を入れて茹でたスイートコーン

コメント